--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.27 *Sun

被害者の法則

「私がこれだけやってるのに」
「こんなにガマンしてるのに」
「私は悪くないのに」
という思いが湧くことはありませんか。
もし湧いているとしたら、あなたは完全に「被害者モード」に入っています。
さっきのお話「スタンプカードの法則」のとおり、いいたいことをいわないで心の中のスタンプがたまってくると、自分は勝手に被害者になっていきます。
「ひどいことをされる人」になるのです。
そして、やがて自分が被害者だということを、まわりに「わかってほしい」「認めてほしい」ので、アピール活動に入ります。
アピール活動に入るためには「加害者」が必要です。
加害者がいないと被害者は成り立ちませんからね。
そこで、スタンプを押せる相手を探し始めるのです。
これが「他人のあら探し」です。
他人のあらを探しては一生懸命スタンプを押して、そのスタンプカードを人に見せて、
「私は何もしてないのに、こんなにひどいことされるんです」
「私のまわりはこんな人ばかりでつらいんです」
とアピールして回ります。
そうしながら、さらに次々と獲物(加害者)を探すという、不幸な旅に出かけていくのです。

そして結果として、自分のまわりが「信用できない」「敵だらけ」という状況を作り上げていくのです。
するとますます「被害者」のスパイラルになっていきます。
やがては、「どうして私はいつもこんな目にあうんだろう」と、次は自分の欠点探しをする自虐スタンプに代わっていくのです。
この状態に入っている人のことを、「すねている」といいます。
「すねる」という行為は、他人の気を引くための一つの戦略です。
その多くは、子どものころにすねることでうまく望みがかなったというパターンを引きずっていたり、子どもの頃に何かの願いがかなわなくて誰かに腹を立てて、そのまま続いていることもあるようです。
そして、裏側にある「本当は○○をしてほしい」という思いをいいたくないから、態度で表そうとしているのです。
わかってほしい、ほめてほしい、優しくしてほしい、認めてほしい、かまってほしい。
そして、それがいえないからあきらめる、しらける、物分かりがいいふり、という態度に変わっていきます。
ほかにも、いじける、意地を張る、ひねくれる。

そうやって、すねて自分が「心を閉じる」ことで、自分で壁を作り、相手との距離を作ります。
すると、まわりの人は非常に扱いづらくなってきて、距離を置き始めます。
何をいってもすねてるわけですから。
つまり、自分が心を閉ざした(いわなかった・しなかった)ことで、相手の心も自分に対して閉ざさせた、ということです。
ということは、自分が心を開けば、相手も開くことになります。
これが自己開示なのです。
だから、自己開示とは、すねてしまった自分の心を開く練習なのです。

「もっと優しくしてほしい」
「もっと認めてほしい」
「もっとかまってほしい」

こういった「本当の思い」に気づき、それを伝えて、自分の心を開くのです。
ただし、自分の思っている「本当の思い」を伝えることは勇気が必要です。
ちょっと勇気を出してみませんか?


人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本、著者:心屋仁之助

-----

昨日、買いました。
ぱらぱらと読んでみて、1番自分の心に響いた項を、ここに載せてみました。

…わかってる。
なのに伝えられないのは何でかな。
スポンサーサイト
CATEGORY : 日記

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

憂(うい)

Author:憂(うい)
10月5日生まれの近江人
学生やってます
ファミディー読者・投稿者
エーフィ大好き!

気軽にイラストのリクエストすると
描くかもしれません←



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

日記 (382)
擬人化 (10)
未分類 (0)



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © 華胥之夢 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。