--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.06 *Tue

上から

突っ込むのは自分。


あー…何で置いてきたかな。
あかんわ、抜けてる。

-----

コメ返と私信!
>貝留果さん
喜んでいただけたようで良かったです(^ω^)
無理はしてないので大丈夫ですよ!
お気になさらず~。

>ぷりんさん
バトン回していただき、ありがとうございます!
後程、回答しますね(^ω^)

>しそさん
反応が遅れましたが、バトン回していただき、ありがとうございます!
こちらも後程、回答しますね~(・∀・)

あと、拍手もありがとうございました!






追記でやみやみ。


うーん。
人に説明するのって難しいよね。
私は「こんな感じにしてほしい」とかを口で説明されたときに、それを理解するのが早い…と思ってます。
分かりやすいのが隊列。
「こっち向きにこう並んでほしい」って身振り手振りも交えて説明されると、「はいはーい」ってすぐ並びます。
頭の中でイメージするのね。
んでまぁ今日、明日の試作会のことについて説明があったんですが、どうも説明不足みたいでわかってない子が多々いました。
それで再度聞いてる子がいたんですけど…やっぱりその子の説明じゃ「え?もっかい言って」ってまだ理解できてない感じがしたので、割り込みました。
「こういうことよね」って、まとめました。

でも、これってカッターよね。
人が話してるとこに割り込んで、話を取ってしまう。
…よくやります。
「これはこうやろ」とか「こうとちゃうん?」とか。
人が話したことに対して、自分は理解できてるのに理解できてない子がいると「こういうことだよー」って説明したくなる。

こういうの、お節介だよねー。
でも、この根底にあるのは「私はあなたより優れている」っていう優越感だと思う。
だから上から目線で言ってしまう。
「私はわかってるのよ、フフン」って見下す。

私の悪いとこです。
直らん。

ああー…。

んで、もういっちょ。
「私はあの子より優れてる」っていう優越感と自信を履き違えて、自分で自分にプレッシャーをかけてると思う。
「私はあの子より優れてるから、あの子より上手くできるはず」って自信というプレッシャーをかけて、できなかったときに悔し泣きする。
「何であの子のが上手いんよ」ってなる。
実際はどっちが優れてるというわけではなく、得意なことが個々で違うから、例えば計算は私のが早くできるけど魚の三枚卸しはあの子のが上手ってだけ。
すべて私が優ってるわけじゃないのに、そう思い込んでプレッシャーをかける。
自分で自分の首を絞めちゃう。
それでできなかったら泣くんだよ?
ばかよね。

あーもう、まとまらん!
うん。自己分析してみただけです。
スポンサーサイト
CATEGORY : 日記

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

憂(うい)

Author:憂(うい)
10月5日生まれの近江人
学生やってます
ファミディー読者・投稿者
エーフィ大好き!

気軽にイラストのリクエストすると
描くかもしれません←



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

日記 (382)
擬人化 (10)
未分類 (0)



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © 華胥之夢 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。